メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野口さん「民間宇宙船の第一歩」 9年ぶり有人宇宙飛行、28日再開

新型宇宙船「クルードラゴン」の打ち上げ訓練を受ける野口聡一宇宙飛行士=スペースX社のツイッターより

 米スペースX社の新型宇宙船「クルードラゴン」が日本時間28日に打ち上げられ、米国による有人宇宙飛行が9年ぶりに再開されるのを前に、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の野口聡一宇宙飛行士(55)が取材に応じた。同宇宙船に次回、搭乗予定の野口さんは「初めて民間企業が一から造った宇宙船が第一歩をしるす」と打ち上げの意義を強調し「米国の威信をかけた飛行になる」と述べた。

 野口さんは2005年に米スペースシャトル、09年に露ソユーズで国際宇宙ステーション(ISS)に赴いた。最後の「試験飛行」となる今回の打ち上げが成功すれば、今年後半にも本番の「運用初号機」でISSに向かう計画で、3種類目の宇宙船に搭乗することになる。現在はスペースXの施設などで非常事態に備えた訓練を受けている。

この記事は有料記事です。

残り531文字(全文869文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. 北朝鮮・拉致問題 事件から40年 「悔やんでも悔やみきれない」 地村夫妻がコメント /福井

  4. 山本太郎の現在地 (下)「世の中、見えてんのか?」 消費税5%、強気崩さないワケ

  5. 地村保さん死去 93歳 拉致被害者・保志さんの父

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです