メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名産カンパチのブランド名付けて コロナで20万匹未出荷 市、漁協など募集 高知

カンパチを手にする西山さんと高知県須崎市のキャラクターしんじょう君=同市で2020年5月22日午後1時11分、松原由佳撮影

 名無しのカンパチに名前を付けて――。新型コロナウイルス感染拡大で20万匹が行き場を失っている特産魚カンパチの消費を喚起しようと、高知県須崎市と同市の野見漁協が、市内の野見湾で養殖するカンパチのブランド名をツイッターで募集するプロジェクトを始めた。知名度向上を図り、一般消費者の直接購入につなげる狙い。「味には絶対の自信がある。名前をつけることで、一緒にカンパチの良さを考えてもらえれば」と呼び掛けている。

 野見漁協によると、野見湾産カンパチは、イワシやアジなどを餌にして育てられている。2週間に1回、真水で「淡水浴」をしており、外見につやがあり、臭みがないのが特長だ。これまでは卸業者を介して料亭や旅館に出荷していたが、新型コロナの影響で自粛・休業が相次ぎ、週5000~6000匹だった出荷量が9割減に。出荷予定だった20万匹がいけすにとどまる。育ちすぎると身が硬くなり、値が下がる。成長途中のカンパチも…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文741文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ショーン・コネリーさん死去 90歳 「007」のボンド役 BBC報じる

  2. 余録 映画「007」シリーズの第2作、「ロシアより愛をこめて」は…

  3. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 「田分け」以上の愚行 大阪市廃止は投票で防げる

  5. 22歳孫の祖母介護殺人 「自助に頼る国の悪癖」露呈 就職氷河期経験者が読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです