特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

名産カンパチのブランド名付けて コロナで20万匹未出荷 市、漁協など募集 高知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
カンパチを手にする西山さんと高知県須崎市のキャラクターしんじょう君=同市で2020年5月22日午後1時11分、松原由佳撮影
カンパチを手にする西山さんと高知県須崎市のキャラクターしんじょう君=同市で2020年5月22日午後1時11分、松原由佳撮影

 名無しのカンパチに名前を付けて――。新型コロナウイルス感染拡大で20万匹が行き場を失っている特産魚カンパチの消費を喚起しようと、高知県須崎市と同市の野見漁協が、市内の野見湾で養殖するカンパチのブランド名をツイッターで募集するプロジェクトを始めた。知名度向上を図り、一般消費者の直接購入につなげる狙い。「味には絶対の自信がある。名前をつけることで、一緒にカンパチの良さを考えてもらえれば」と呼び掛けている。

 野見漁協によると、野見湾産カンパチは、イワシやアジなどを餌にして育てられている。2週間に1回、真水で「淡水浴」をしており、外見につやがあり、臭みがないのが特長だ。これまでは卸業者を介して料亭や旅館に出荷していたが、新型コロナの影響で自粛・休業が相次ぎ、週5000~6000匹だった出荷量が9割減に。出荷予定だった20万匹がいけすにとどまる。育ちすぎると身が硬くなり、値が下がる。成長途中のカンパチも…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文741文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集