メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こんなおいしいものがなぜ…和牛もフグも価格低迷 生産者らの苦境続く

生後1、2カ月の子牛にミルクをやる新地誠司さん夫妻=宮崎県都城市高城町石山で2020年5月26日午後1時25分、上入来尚撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け全国に出されていた政府の緊急事態宣言は25日に最後の首都圏1都3県と北海道が解除され、約1カ月半ぶりに終了した。この間、関東や関西といった大消費地の需要低迷で九州・山口のブランド食材は取引価格が大きく下落した。宣言が解除されても元の水準に戻るには相当の時間がかかるとみられ、生産者や販売業者の苦境は続く。

 肉用牛の飼養頭数が北海道、鹿児島に次ぐ全国3位でブランド和牛「宮崎牛」を売り出している宮崎県。需要を支えていたインバウンド(訪日外国人)が4月は前年同月比99・9%減の2900人まで落ち込み、市場の枝肉価格も子牛の市場価格も急落した。

この記事は有料記事です。

残り915文字(全文1203文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ショーン・コネリーさん死去 90歳 「007」のボンド役 BBC報じる

  2. 余録 映画「007」シリーズの第2作、「ロシアより愛をこめて」は…

  3. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 「田分け」以上の愚行 大阪市廃止は投票で防げる

  5. 22歳孫の祖母介護殺人 「自助に頼る国の悪癖」露呈 就職氷河期経験者が読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです