学生注目!「地上最速の格闘球技」ラクロスって何だ SNS広告で魅力“体感”

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ラクロスのキャッチフレーズは「地上最速の格闘球技」。ウェブ広告で競技の魅力を伝えている=日本ラクロス協会提供
ラクロスのキャッチフレーズは「地上最速の格闘球技」。ウェブ広告で競技の魅力を伝えている=日本ラクロス協会提供

 国内の競技人口の約8割を大学生が占め、「カレッジスポーツ」と呼ばれるラクロス。新型コロナウイルスの感染拡大による部活動自粛の影響を受け、今年は大学の新入部員が例年の2割程度と厳しい状況が続く中、日本ラクロス協会はウェブ広告で競技の魅力を発信している。

国内競技人口の8割が大学生 コロナで新勧苦戦、例年の2割に

 ラクロスは直径わずか6センチのボールを奪い合い、アルミニウム製のスティックを使ってゴールを目指すスポーツ。スティックによるチェックと当たりの激しさが特徴だ。約180センチ四方のゴールを目がけて男子選手は時速150キロを超える弾丸シュートを放ち、サッカーのキーパー役に相当する「ゴーリー」が体を張って阻止する。「地上最速の格闘球技」を掲げている。

 日本協会によると、国内の競技人口(選手登録者数)は1万7000人。このうち約1万4000人を大学生が占めている。選手の9割以上は大学から競技を始めるとあって、日本協会最高戦略責任者の安西渉理事(40)は「勧誘活動で存在を知ってもらわないと入部する選択肢にも挙がらない」と内情を語る。日本学生連盟東日本支部によると関東地区の新入生は例年1500人だが、5月中旬時点で310人と8割減少。他支部でも同様…

この記事は有料記事です。

残り643文字(全文1171文字)

あわせて読みたい

注目の特集