メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

岡崎 武志・評『モンベルの原点、山の美学』『「あの人」のこと』ほか

◆『モンベルの原点、山の美学』辰野勇・著(平凡社/税別1500円)

 語り下ろしによる自伝シリーズ「のこす言葉」の一冊。『モンベルの原点、山の美学』はコンパクトで大変読みやすい。著者の辰野勇は、登山、ハイキングでのジャケット、パーカーなど圧倒的シェアを誇るメーカーの創業者だ。

 1947年、大阪府堺市生まれ。中学生の時、金剛山でキャンプしたのが山への目覚め。高校ではロッククライミングに夢中。アイガー北壁を夢見て、使いやすい道具も一人で考え、作るように。これが「モンベル」の原点だ。

 高卒でスポーツ用具店に就職、クライマーとの出会い、冬の穂高と、山で生きる以外、考えられないようになる。山へ行くと心が落ち着く。イヤなことがあると「俺には山がある」と思う。山に自分の居場所を見つけたわけだ。

この記事は有料記事です。

残り1470文字(全文1813文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都にチクリ? 菅官房長官、コロナ再拡大は「東京問題」

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  5. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです