メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

もう安倍手法は通じない=与良正男

 森友・加計問題や「桜を見る会」をめぐる疑惑等々、安倍晋三首相はこれまで大きな危機に何度も直面してきた。それを乗り切ってきたのは次のような方法による。

 首相は責任を口にするだけで済ます。内閣は一丸となって、ぶれずに(!)ごまかし続け、国民の目を経済や外交に向けさせる。で、強引に衆院を解散し、選挙で勝てば「全て信任された」と言う。いつしか大半のマスコミや国民は忘れていく――。

 いよいよ、それも通用しなくなったように思える。毎日…

この記事は有料記事です。

残り718文字(全文932文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

  2. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  3. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  4. ジャニーズJr.の福士申樹さんが新型コロナ感染

  5. コロナ感染止まらぬ新宿・歌舞伎町 区長はすがる思いで大物ホストの携帯を鳴らした

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです