メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の体はテレビでできている

不条理から生み出す新世界

 <教授・岡室美奈子の私の体はテレビでできている>

 コロナ以降と以前で世界は変わる。緊急事態宣言と外出自粛で、私たちの生活様式は様変わりした。そしておそらく事態が収束しても、私たちの生活は元には戻らないだろう。なぜなら、コロナ禍は私たちにさまざまな気付きをもたらし、価値観の変更を迫っているからだ。

 そんなことを考えさせてくれる秀逸なドラマがあった。NHKの「今だから、新作ドラマ作ってみました」の第3夜「転・コウ・生」(8日放送)である。脚本は森下佳子。柴咲コウ、ムロツヨシ、高橋一生が本人役で出演している。タイトルの「転・コウ・生」は、大林宣彦監督の映画「転校生」(1982年)と、出演者らの名前に掛けているそうだ。「転校生」や新海誠監督のアニメ映画「君の名は。」(2016年)のように、この…

この記事は有料記事です。

残り523文字(全文871文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京、コロナの警戒レベルを最高に 「感染拡大」 小池都知事、緊急記者会見へ 

  2. 結核7人集団感染 1人死亡、6人は家族や関係者 北九州市

  3. 河井夫妻の保釈請求を却下 東京地裁決定

  4. 電脳女将・千鶴さん「早く帰ってきて」 声優が安否気遣う 湯布院の旅館家族不明

  5. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです