メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 技あり、配達代行 天理大柔道部留学生 飲食店支援、宿泊施設が発案

配達代行に励む天理大柔道部の留学生ら(右から清水ジェイさん、クイトンダ・サミュエルさん、大村優太さん)=奈良県天理市のモリノゲストハウスで14日、廣瀬晃子撮影

 新型コロナウイルスの影響で、弁当などをテークアウトで販売する飲食店が増える中、奈良県天理市では天理大柔道部の留学生らによる配達代行サービスが人気を呼んでいる。メンバーには東京五輪代表選手も。配達は「柔道着姿」ではないが、飲食店からは「人手不足なのですごく助かる」と感謝されている。練習も帰国もできない状態が続く留学生らは「役に立てることが励みになる」と商品とともに今日も笑顔を届ける。

 同市の宿泊施設「モリノゲストハウス」がコロナ禍で苦境にある飲食店を支援しようと企画。天理駅周辺の飲食店から配達代行の依頼を受け、柔道を学ぶために世界各国から訪れた留学生らが注文先への配達を担う。留学生らと交流のあるゲストハウスの仲西裕美さん(39)が活躍の場を失っている彼らにも元気を取り戻してもらおうと配達の手伝いを依頼した。

この記事は有料記事です。

残り710文字(全文1068文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  2. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  3. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

  4. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  5. 世界遺産の高野山参詣道に溝を掘った疑い 80代を書類送検 「1人で掘った」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです