特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

新型コロナ 県高野連、独自の代替大会開催 7月11日開幕検討 /茨城

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
分散登校で1年生部員が不在の中、2、3年生部員に、代替の独自大会開催を告げる高橋監督(右端)=茨城県阿見町青宿の霞ケ浦高校で
分散登校で1年生部員が不在の中、2、3年生部員に、代替の独自大会開催を告げる高橋監督(右端)=茨城県阿見町青宿の霞ケ浦高校で

 県高校野球連盟は26日、臨時理事会を開き新型コロナウイルス感染防止のため、中止となった全国高校野球選手権茨城大会の代替となる独自大会開催の方針を、全会一致で決定した。県内4地区別に各校関係者の意向を聞いた上で、6月9日の理事会で日程や感染対策などの詳細を最終的に決める。【森永亨、庭木茂視】

 県高野連によると、開催を決めた理由は、県に対する国の緊急事態宣言が解除され、6月8日には、県が独自に定めた感染状況などを示す水準が最もリスクの低い「ステージ1」へ移行し、部活動も再開できるめどが立ったため。多くの3年生が、公式戦を行えず、事実上の引退を迫られる状況になっており、部活動の区切りをつける意味でも、独自大会開催の必要性が高まっていた。

 現時点で方針が固まっている日程案では、開幕7月11日、決勝8月2日に設定。6月8日の部活再開から1カ月程度の練習時間を確保でき、3年生引退後の新チームによる秋季大会の日程への影響も抑えられるためだ。開幕後、県内4地区で7月11、12、18、19の土日4日間で地区予選を実施。各地区の代表校が、ノーブルホームスタジア水戸など4球場で開かれる同23~26日と8月1~2日開催の県大会に進み、優勝校を決め…

この記事は有料記事です。

残り1059文字(全文1579文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る