メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

実情がつかめぬ宰相=古賀攻

 <sui-setsu>

 緊急事態宣言が解除されても、社会の痛みは続く。本当の困難が正体を現すのは、むしろこれからかもしれない。

 安倍晋三政権が宣言期間中の目玉政策と考えた国内総員への一律10万円給付。突然一切の収入を断たれた人には唯一の頼りであるのに、実際に手にした人はごく少ない。特に都市部ではそうだ。

 大型連休明け、東京・品川区役所ではオンラインで給付金を申請したい人の相談窓口が「8時間待ち」になる大混雑が起きた。

この記事は有料記事です。

残り807文字(全文1018文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

  4. 大阪モデル黄信号 吉村知事「ピンポイントの戦略打つ」 「夜の街」対策を徹底 休校や施設休業は求めず

  5. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです