メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

稲田朋美氏・平将明氏ネット対談 「批判、結構落ち込む」

インターネット対談の一場面

 「批判が来ると結構落ち込む」「失敗でぺしゃんこになった時、つらい思いをしている人の気持ちが突き刺さるようになった」――。最新テクノロジーで政治課題を解決する「PoliPoli」、政治家のプロモーションを手がける「POTETO」、毎日新聞社が共催で19日開いたインターネット対談で、自民党の稲田朋美幹事長代行と平将明副内閣相は日ごろ見せない等身大の姿をのぞかせた。

 稲田氏は安倍晋三首相の側近、平氏は首相と距離がある石破茂元幹事長の参謀役と、立ち位置こそ違うものの当選同期の「友人」。この日は議員会館の自室からの出演だったこともあり、率直なやりとりが続いた。

 保守政治家としてのイメージが強いものの、最近は反対していた選択的夫婦別姓に理解を示し、ひとり親支援など福祉や女性問題に力を入れる稲田氏。司会から「イメチェン」の理由を問われると、「私は全然変わってなくて」と前置きしつつ、南スーダン国連平和維持活動(PKO)に派遣した陸上自衛隊部隊の日報隠蔽(いんぺい)問題などを巡り2017年に辞任に追い込まれた防衛相時代を振り返った。「相当、私もへこんだというか…

この記事は有料記事です。

残り846文字(全文1325文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州豪雨 「今、流されている」 不明の女性電話で「さよなら」 夫は遺体で発見

  2. 耳栓にもアマビエ? まさかの商標出願に批判続出「誰のものでもない」

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 蒲島知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」 熊本豪雨・球磨川氾濫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです