メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 食料不足 世界2億6500万人 輸出制限、囲い込みも

新型コロナの影響で家計が悪化し、食料の提供を受けるため長蛇の列を作る人々=南アフリカで20日、AP

 新型コロナの感染拡大で将来への不安が高まる中、自国に食料を囲い込む動きは既に出ている。3月以降、ロシアやウクライナ、ベトナムなどが農産物の輸出について上限を設けたり、禁止したりする措置を取った。主要20カ国・地域(G20)の農相らは4月、囲い込みに対して「食料価格の乱高下を招いて、食料の安全保障と人々の栄養を脅かしかねない」と懸念を表明した。

 現状では世界的に食料価格が高騰しているとまでは言えないが、過去には例がある。2007~08年にかけて、バイオ燃料向けの穀物需要増や、原油値上がりによる輸送コストの増大など多くの要素が重なり、世界的に食料価格が上昇。各地の貧困層を直撃した。

この記事は有料記事です。

残り173文字(全文466文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです