メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 食料不足 世界2億6500万人 国連世界食糧計画(WFP)チーフエコノミスト アリフ・フセイン氏

=WFP提供

国連試算 需給双方に打撃

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で食料不足に苦しむ人が急増し、国連世界食糧計画(WFP)の試算では、2億6500万人に上る恐れが出ている。世界的に物流が滞ったり、収入減で食料が買えない人が増えたりするためだ。WFPチーフエコノミストのアリフ・フセイン氏(56)に背景や求められる支援について聞いた。【聞き手・平野光芳】

 WFPは従来およそ1億人に食料支援を行っているが、うち3000万人はイエメンやシリア、ナイジェリア北東部など、紛争地帯の緊急事態下にある人々だ。新型コロナの影響でサプライチェーン(供給網)が滞れば、緊急事態下の人々にだれも食料を届けられなくなってしまう。

この記事は有料記事です。

残り1002文字(全文1302文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 紅白、星野源さんら5組は生でなく事前収録 NHK「演出上の都合」

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです