メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「首相会見は誰のためのものか」「言葉に魂は」 「政治とメディア」イベント詳報

オンラインで実施された「コロナ禍に政治はどう向き合っているのか」の様子

 毎日新聞政治部の竹地広憲、宮原健太の両記者と、高塚保・政治部長が、20日にオンラインで開かれた「デジタル毎日」有料会員との限定交流イベント「コロナ禍に政治はどう向き合っているのか」で、取材の過程や内幕を語った。東京工業大の西田亮介准教授(社会学)の司会で「政治とメディア」をテーマに交わされた「本音トーク」を紹介する。

 西田 新型コロナウイルス感染症の対応を巡り、国と地方自治体の対立が注目されました。どのように見ていますか。

 竹地 政府は東京オリンピックや習近平国家主席の国賓訪日を控えて強い措置を打ちにくい事情があって、主体的な動きは非常に遅かったし、危機感の感度が低かった。一方で、知事には現場の声が集まりやすかった。緊急事態宣言の発令を振り返っても、知事側の声が政府のお尻をたたいたというのが実情だったと思います。

この記事は有料記事です。

残り1801文字(全文2163文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

  2. 東京で新たに131人感染 20代と30代で約100人

  3. 熊本で13人不明 土砂崩れや住宅浸水も 11自治体約9万2233世帯に避難指示

  4. 「聞いたことのない音がした」 各地で土砂崩れ、感じた命の危険 九州南部で大雨

  5. 熊本・球磨村の老人ホームで14人心肺停止 ほかに3人低体温症

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです