特集

検察官定年延長を問う

内閣の裁量で高検検事長らの定年延長を可能とする特例を盛り込んだ検察庁法改正案についてまとめます。

特集一覧

検察庁法改正案 菅氏「取り下げ考えていない」 役職定年延長規定の削除否定

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
菅義偉官房長官=首相官邸で、竹内幹撮影
菅義偉官房長官=首相官邸で、竹内幹撮影

 検察官の定年延長などを明文化した検察庁法改正案などの関連法案について、菅義偉官房長官は27日の衆院内閣委員会で「(国会から)取り下げることは考えていない」と述べた。野党は役職定年の延長規定などを削除するよう求めているが、菅氏は「国会で成立をさせていただきたい。これが政府の統一した考え方だ」と述べた。

 菅氏は法案について「さまざまな意見があるのも事実だが、丁寧な説明などで法案の趣旨、内容を理解いただき、成立できるように努力させていただく」と述べた。政府・与党は今国会での関連法案の成立を見送り、廃案や継続審議など法案の扱いを検討している。

 一方、定年延長を初適用された東京高検の黒川弘務前検事長が賭けマージャン問題で辞職したことについて、菅氏は「不祥事の中で辞任したことは大変申し訳なく思う」と陳謝した。ただ定年延長は「適…

この記事は有料記事です。

残り84文字(全文447文字)

【検察官定年延長を問う】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集