メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワクチン・治療薬の国際普及狙う「特許権プール」提案方針 首相G7サミット出席へ

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、主要7カ国(G7)首脳によるテレビ電話協議に臨む安倍晋三首相=首相官邸で2020年3月16日(内閣広報室提供)

 安倍晋三首相は、6月下旬に米国で開催される見通しの主要7カ国首脳会議(G7サミット)に出席する方針を固めた。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ワクチンや治療薬が各国に普及するよう特許権を国際的に一元管理する「特許権プール」の創設を提案する。サミット出席に伴い、首相は帰国時、14日間の隔離が必要となる可能性がある。

 G7首脳は3、4月に2回テレビ会議を実施したが、対面形式が実現すれば感染拡大後初めて。米国は「正常化の象徴」として首都ワシントンでの開催を検討しており、ワクチン・治療薬の開発や世界経済回復に向けた協力を話し合うとみられる。トランプ米大統領が批判を強める中国への対応なども議題になる可能性がある。

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文660文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 庄司智春、新型コロナ感染 妻・藤本美貴と3人の子どもは「まだ症状なども出ておらず元気」

  2. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

  3. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  4. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

  5. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです