特集

検察官定年延長を問う

内閣の裁量で高検検事長らの定年延長を可能とする特例を盛り込んだ検察庁法改正案についてまとめます。

特集一覧

「首相と法相の説明に食い違い」野党、黒川氏処分「閣内不一致」と追及

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
国会議事堂=東京都千代田区で、本社ヘリから佐々木順一撮影
国会議事堂=東京都千代田区で、本社ヘリから佐々木順一撮影

 野党は27日の衆院内閣委員会で、賭けマージャン問題で辞職した黒川弘務・前東京高検検事長を訓告とした「処分の主体」を巡り、安倍晋三首相と森雅子法相の説明に食い違いがあるとして、「閣内不一致」と政府を追及した。立憲民主、国民民主、共産、社民4党は同日、安倍首相が出席する衆院予算委員会集中審議を来週中に開催するよう与党に要求した。

 立憲などの統一会派の今井雅人氏(無所属)はこの日の内閣委で、黒川氏の処分について、「内閣が決定」とする森氏に対し、首相が「法務省・検察」としていると指摘。「どちらかがうそを言っている。政府内不一致ではないか」とただした。

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文588文字)

【検察官定年延長を問う】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集