特集

検察官定年延長を問う

内閣の裁量で高検検事長らの定年延長を可能とする特例を盛り込んだ検察庁法改正案についてまとめます。

特集一覧

黒川氏「訓告」軽すぎる?「個別事案に応じて適切に判断」 菅官房長官会見詳報

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
菅義偉官房長官=首相官邸で、竹内幹撮影
菅義偉官房長官=首相官邸で、竹内幹撮影

 黒川弘務・前東京高検検事長の賭けマージャン問題や検察庁法改正案を巡って、27日の菅義偉官房長官の記者会見でも質疑が相次いだ。黒川氏の訓告処分に関して、過去に賭けマージャンで停職処分を受けた自衛官と比べて「軽過ぎる」との批判が出ていることについて、菅氏は「所属の各省庁などにおいて個別事案に応じて適切に判断していると報告を受けている」と述べるにとどめた。また処分は「法務省、検事総長において決定し、(安倍晋三)首相や私に報告があった」との説明を繰り返し、「決定過程は適切だった」と述べた。主なやりとりは以下の通り。【秋山信一】

この記事は有料記事です。

残り1232文字(全文1495文字)

【検察官定年延長を問う】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集