JR東 長野市の新幹線基地かさ上げ 数年がかり、最大500億円

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
浸水した車両基地に並ぶ北陸新幹線の車両=長野市赤沼で2019年10月13日、本社ヘリから
浸水した車両基地に並ぶ北陸新幹線の車両=長野市赤沼で2019年10月13日、本社ヘリから

 2019年の台風19号で北陸新幹線の車両基地が浸水したことを受け、JR東日本は27日、電気設備のかさ上げをはじめとした対策を発表した。対策終了までに数年かかり、費用は最大約500億円が必要と見込んでいる。

 JR東によると、台風19号により千曲川が氾濫した影響で「長野新幹線車両センター」(長野市)が…

この記事は有料記事です。

残り206文字(全文356文字)

あわせて読みたい

注目の特集