メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

けがした父乗せ、自転車で1200キロ インド・15歳少女、8日かけ故郷に

ジョテイ・クマリさん(左)と父モハン・パスワンさん=ジョティさん提供

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けた全土封鎖が続くインドで今月、15歳の少女が負傷した出稼ぎ労働者の父を自転車に乗せ、首都ニューデリー近郊から、約1200キロ離れた故郷まで連れ帰った。地元メディアでこの件が報じられると、インドの自転車連盟が、選手養成施設の入所テストを受けるよう少女に打診した。少女は25日、毎日新聞の電話取材に「学校での勉強を優先したいが、自分の可能性を知るためにテストに挑戦する」と意気込みを語った。

 少女は東部ビハール州ダルバンガに住む学生のジョティ・クマリさん(15)。父モハン・パスワンさん(45)はニューデリー近郊のグルガオンで三輪タクシーの運転手をしていたが、1月下旬に事故で足を負傷し働けなくなった。数日後、ジョティさんは1人暮らしのモハンさんを看病するためグルガオンで同居を始め、ジョティさんの母は地元で借金をして夫であるモハンさんに送金していた。

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文782文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 新型コロナ、国内の死者5000人に 14日間で1000人増

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 香取慎吾さん「声に出せることしか投稿しない」 SNSでの中傷がテーマのドラマに主演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです