メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外田中将大が8年ぶり楽天復帰 ヤンキースから

青森の誇り、ねぶた師守りたい 祭り中止…研究者らクラウドファンディング

ねぶた師への支援を呼びかけるクラウドファンディングのサイト

 新型コロナウイルスの感染拡大で青森ねぶた祭が中止になったことを受け、青森公立大(青森市)の佐々木てる教授らが中心となり、26日からねぶた師たちを支援するためのクラウドファンディング(CF)を始めた。佐々木教授は「ねぶた師を守ることがねぶた文化を守ることにもつながる。ぜひアクセスしてほしい」と呼びかけている。【江沢雄志】

 佐々木教授は2012年からねぶた祭を通して青森の地域社会を研究。祭りの中止で大型ねぶたの制作が中断された上、地域ねぶたなど小規模な祭りまで中止が相次いでいる現状を知り、苦境にさらされたねぶた師らを支えようと支援プロジェクトを立案した。

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文611文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 11年ぶりに自殺者増加 コロナ下こそ届く支援を

  2. 社長ではなく総務部長? 安倍政権の大番頭「危機管理の菅」とは何だったのか

  3. 月刊・時論フォーラム 馬毛島の基地計画/弾劾訴追/養鶏と政治

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです