次世代放射線がん治療「BNCT」 福島の病院、民間で世界初実施

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
BNCTによる治療イメージ(南東北グループ提供)
BNCTによる治療イメージ(南東北グループ提供)

 南東北グループの脳神経疾患研究所が運営する福島県郡山市の南東北BNCT研究センターは26日、次世代の放射線がん治療として注目されるホウ素中性子捕捉療法(BNCT)による治療を民間医療機関として世界で初めて行ったと発表した。

 BNCTはエネルギーの低い中性子とがん細胞に集まるホウ素化合物の反応を利用して、がん細胞をピンポイントで破壊する治療法。体への負担が少なく、口腔(こうくう)がんや喉頭(こうとう)がんなどの「頭頸部(けいぶ)がん」では、既存の放射線治療や外科手術では治療が難しか…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文609文字)

あわせて読みたい

注目の特集