新型コロナ感染波抑え、医療崩壊防ぐ対策を 金沢大・市村教授に聞く

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
石川県対策本部会議のアドバイザーを務める市村宏教授=金沢大で、阿部弘賢撮影
石川県対策本部会議のアドバイザーを務める市村宏教授=金沢大で、阿部弘賢撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて出されていた政府の緊急事態宣言が25日、全面解除された。石川県でも既に大半の業種で休業要請が解除され、徐々に社会活動が再開しつつある。県内で一時感染が急増した背景や今後求められることについて石川県対策本部会議のアドバイザーを務める金沢大の市村宏教授(ウイルス感染症制御学)に聞いた。【聞き手・阿部弘賢】

この記事は有料記事です。

残り1076文字(全文1246文字)

あわせて読みたい

注目の特集