メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

巣ごもり術・ウチの場合

親父記者が双子ワンオペ育児で在宅ワークに挑戦…「仕事どころではない」現実

自宅で双子のワンオペ育児をしながら仕事をする記者=2020年5月、リモートシャッターで撮影

 新型コロナウイルスの影響で一気に広まった在宅ワーク。記者も妻の出勤日、間もなく3歳になる男女の双子の面倒を見ながら自宅で仕事をすることにした。双子育児と在宅ワーク、果たしてうまくいくのだろうか。

 本格的に在宅で働き始めた午前9時すぎ。テーブルでパソコンを開くと、すぐさま息子が膝の上に乗り、娘は肩によじ登ってきた。「お仕事だから向こうで遊んで」。言い聞かせても効果はない。息子は手のひらでキーボードをバチバチとたたき、娘は両手で目をふさいでくる。

 何とか2人を降ろして仕事にかかるが、間もなくおもちゃの取り合いで娘が泣いた。抱っこでなだめて、今度はテレビを見せつつ仕事を再開。しばらくしてパソコンから顔を上げると、2人は大量のかゆみ止めクリームを床に塗りつけていた――。

この記事は有料記事です。

残り745文字(全文1081文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

  2. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  3. 光秀の先祖? 「明智」姓が記された鎌倉時代の古文書発見 岐阜・多治見

  4. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

  5. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです