メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

結婚、職場、学校生活…困ったときの「おとめ六法」 犯罪被害者支援弁護士が出版

「おとめ六法」の表紙=KADOKAWA提供

 「『援交している』などうわさがネット上に書き込まれた」「専業主婦ですぐに十分な収入が見込めない。別居中は夫に生活費を頼めるか」。結婚や職場、学校生活などでのトラブルの対処法を紹介した「おとめ六法」を犯罪被害者支援弁護士が出版する。トラブルに見舞われた際「自分が悪い」などと自らを責めず、手にしてほしい「女性の一生に寄り添う法律集」としている。

 犯罪被害者の支援をする上谷さくら弁護士(第一東京弁護士会)と岸本学弁護士(同)が弁護・相談活動での経験を基に執筆した。浮気や妊娠などの「恋愛」▽進路やいじめなどの「学校」▽事実婚や離婚、親権といった「結婚」――などのトラブルごとに全6章で構成する。具体的な事例を挙げて、男女雇用機会均等法やストーカー規制法など、関連する法律を分かりやすく解説。証拠の集め方や相談の手続きも紹介している。

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文645文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 時短に「またか」「悩む」 東京都内の飲食店悲鳴 「従わないと白い目で…」

  3. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです