メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もう一つの「命のビザ」 独断でユダヤ難民に発給した実物発見 駐ソ連の総領事代理

1941年ごろに撮影したとみられる根井三郎=宮崎市の「根井三郎を顕彰する会」提供

 第二次大戦中にソ連(現ロシア)ウラジオストクの総領事代理だった外交官、根井三郎(1902~92年)が、ナチス・ドイツの迫害を逃れたユダヤ人に発給した日本通過ビザ(査証)が見つかった。根井がビザを発給したとする記録がソ連側に残っていたが、実際にビザが確認されたのは初めて。戦時中にリトアニアでユダヤ人に「命のビザ」を出した杉原千畝(1900~86年)が国際的に知られているが、関係者は「杉原以外にもユダヤ人を救った日本の外交官がいたことを多くの人に知ってほしい」と話している。

 ビザを見つけたのは、ユダヤ人難民に関する著書がある東京在住のフリーライター、北出明さん(76)。サバイバー(生存者)の追跡調査をするなか、ポーランド出身の故シモン・コエンタイエルさんが根井のビザで来日していたことが判明。孫で米国在住のキム・ハイドンさん(53)からビザの画像データを入手した。

この記事は有料記事です。

残り1024文字(全文1409文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「#FreeAgnes」 日本からも周庭氏逮捕への抗議続々

  2. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  3. 周庭氏を逮捕 民主活動家 国安法違反容疑で香港警察

  4. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  5. 家族で登山の小6男児が行方不明 新潟・上越で下山途中

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです