連載

没後200年・伊能忠敬を歩く

2018年は伊能忠敬が没して200年。ゆかりの地を記者が訪ねました。

連載一覧

没後200年・伊能忠敬を歩く

/23 国会図書館デジタル「伊能図」 高い絵画性も兼ね備え

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大日本輿地沿海図の第100図。富士山とその周辺が美しく描かれている=国立国会図書館蔵
大日本輿地沿海図の第100図。富士山とその周辺が美しく描かれている=国立国会図書館蔵

 「巣ごもりシアター」や「おうちライブ」など、外出せずに文化芸術を楽しむことが盛んな今日このごろ。連載「伊能忠敬を歩く」の番外編第2弾として、インターネットを使って自宅から測量隊の偉業に思いをはせる「おうちで伊能図」を紹介する。

 アクセス先は、国立国会図書館デジタルコレクション(https://dl.ndl.go.jp)。同館で収集、保存しているデジタル資料を検索できるサービスだ。図書はもとより議会資料や博士論文、歴史的音源など総数350万点以上。うち、著作権処理が完了したものはインターネットで公開されている。

 伊能図の最終形である「大日本沿海輿地全図」もその一つ。縮尺のもっとも大きい「大図」214枚のうち、同館は43枚を所蔵、東北南部から関東甲信越、伊豆諸島までをカバーする。これら「国会大図」は、明治時代に模写された伊能図の中でも一頭地を抜く美しさを持つ。

この記事は有料記事です。

残り897文字(全文1281文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集