富山地鉄、5期ぶり減収減益 最終利益5068万円 19年度決算 /富山

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 富山地方鉄道(富山市)は27日、2019年度の決算(単体)を発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響などで営業収益が昨年を大幅に下回り、5期ぶりの減収減益となった。

 記者会見した辻川徹社長は富山ライトレールと合併し、3月に富山市内の路面電車が富山駅を境に南北接続したことに触れ「100年に1度の取り組みとして準備を進めた…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文405文字)

あわせて読みたい

ニュース特集