メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場から

児相女児追い返し問題 神戸市が検証報告書 対応判断基準、明示なく 来所者急増も1人当直維持 /兵庫

小学6年の女児が助けを求めて訪れた神戸市こども家庭センター=神戸市中央区で、反橋希美撮影

 神戸市の「こども家庭センター」(児童相談所)で当直中のNPO法人スタッフが今年2月、未明に助けを求めてきた小学6年(当時)の女児を追い返した問題で、市は当直体制のあり方を検証する報告書をまとめた。子どもの安全を守る“最後のとりで”が、なぜ子ども本人のSOSを拒んだのか。報告書などから読み解く。【反橋希美】

 「高校生に見え、いたずらかと思った」――。今年2月に起きた事案で、当直業務の委託を受けていたNPO法人「社会還元センターグループわ」(神戸市北区)の60代男性スタッフ(当時)の言葉だ。市は「児相の役割を理解していないスタッフを配置している」と批判を浴びた。

この記事は有料記事です。

残り1428文字(全文1711文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 網戸のひもで6歳死亡、YKK APを提訴 「欠陥」首に絡まり 大阪地裁

  5. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです