メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

移動スーパー新たに 真美ケ丘や上牧町回る /奈良

クラッカーを鳴らして脇本さんの車を見送る近商ストアの上田尚義社長(左から3人目)=奈良県広陵町馬見中4のエコール・マミで、稲生陽撮影

 車を持たない高齢者など買い物弱者向けの移動スーパー「とくし丸」を県内で運行している近商ストア(本社・大阪府松原市)は26日、同社としては県内7台目となる車両の運行を開始した。銀行員から転身した脇本聖二さん(56)=桜井市=に業務委託し、香芝市と広陵町にまたがる真美ケ丘ニュータウンや上牧町の住宅地など約100軒を回る。

 政府の2015年の推計によると、自宅がコンビニなども含む食料品店から500メートル以上離れ、車の利用も困難な65歳以上の高齢者は、県内では11万2000人と65歳以上の県人口の3割弱。特に足腰の弱る75歳以上は6万8000人(4割弱)に上り、10年間で1・5倍になった。

この記事は有料記事です。

残り206文字(全文502文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京で新たに131人感染 20代と30代で約100人

  2. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

  3. 小池都知事「不要不急の他県への移動は控えて」 3日連続で感染者100人超

  4. 大阪で新たに17人の感染確認、16人が10~30代 京都でも9人

  5. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです