メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

高知ビキニ被ばく国賠訴訟 「放置のまま」許されぬ=松原由佳(高知支局)

控訴審判決後に「不当判決」と書かれた紙を掲げる支援者。亡くなった元船員の写真を手にした遺族らは悔しさをにじませた=高松高裁前で2019年12月12日、松原由佳撮影

 1954年に米国が太平洋・ビキニ環礁付近で実施した水爆実験は広島、長崎に次ぐ「第3の被ばく者」を生んだ。しかし、当時周辺で操業していた高知県の元船員らは65年以上、国に放置されてきた。昨年12月、元船員らが国家賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、高松高裁は訴えを退けたものの、国会や政府に救済を改めて検討するよう促した。元船員は高齢になり、一刻の猶予もない。「置き去りにされた被ばく者」となった彼らを見捨ててはならない。

 米国が54年3~5月にビキニ環礁付近で実施した水爆実験は6回に上る。3月1日の実験で静岡県焼津市のマグロ漁船「第五福竜丸」の乗組員23人が放射性物質を含む「死の灰」を浴び、半年後に無線長の久保山愛吉さんが亡くなった事件は衝撃を与え、原水爆禁止運動につながった。だが、周辺で延べ1000隻とも言われる日本船が操業していたことはあまり知られていない。

この記事は有料記事です。

残り1492文字(全文1875文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  2. 過失運転致傷の会社員に無罪判決 「衝突回避は非常に困難」 福岡地裁

  3. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. ひき逃げか 市道で自営業の男性死亡 福岡・宗像

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです