メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしとつなぐ

経験者サイトで交流も=国立がん研究センター東病院 がん相談統括専門職 坂本はと恵

 「がん治療は延期したほうがよいでしょうか? 家に1人きりでテレビやネットを見ていると、混乱して気持ちが押しつぶされそうです」

 新型コロナウイルスの感染拡大が進む中、私の職場であるがん相談支援センターにも実に多くの電話相談が寄せられました。

 このようなご相談に私が心がけてお伝えしていることは、(1)有事の時こそ確かな情報にアクセスすることを意識することが重要(2)一人で抱え込まず信頼できる人とつながることも大切(3)心も体も休息が必要。1日に1回は情報から自分を解放して――ということです。

 さらに具体的な提案として、次の二つのことをよくお伝えしました。

この記事は有料記事です。

残り599文字(全文878文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  2. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  3. ハートマークの数で分類 感染者出たススキノ店舗名 札幌市の内部資料が流出

  4. 新型コロナ 京都の保育士ら、新たに27人感染 府内903人に /京都

  5. 大阪・吉村知事のうがい薬使用呼びかけに苦情殺到 府に1日で450件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです