石破氏、4年ぶり国会発言 憲法論議の活性化呼びかけ 昨秋は指名されず机たたく

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院憲法審査会で発言する自民党の石破茂元幹事長(左)=国会内で2020年5月28日午前10時55分、竹内幹撮影
衆院憲法審査会で発言する自民党の石破茂元幹事長(左)=国会内で2020年5月28日午前10時55分、竹内幹撮影

 自民党の石破茂元幹事長は28日、約4年ぶりに国会で発言した。委員を務める衆院憲法審査会で、憲法論議の活性化を呼びかけた。石破氏が本会議や委員会などで公式に発言したのは、地方創生担当相として答弁に立った2016年5月以来となる。同年8月の内閣改造で閣外に出てから党内で冷遇され、発言の機会が与えられてこなかった。

 憲法審では、佐藤勉審査会長(自民)に指名され、5分の持ち時間で発言した。石破氏は世論の反発で今国会での成立が見送られた検察庁法改正案に触れ、「検察庁法は明文によって『その施行を憲法施行の日とする』と書いてあり、憲法秩序の一角を成すものだ」と指摘。幅広い憲法論議の必要性を訴えた。

この記事は有料記事です。

残り140文字(全文436文字)

あわせて読みたい

注目の特集