メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野党「予備費10兆円」を批判 共産・志位氏「国会軽視というより国会無視」

共産党の志位和夫委員長=川田雅浩撮影

 第2次補正予算案に、使途を明確にせずに済む予備費が10兆円も計上されたことを巡って、野党は批判を強めている。

 新型コロナウイルスの対応を話し合う28日の政府・与野党連絡協議会では、立憲民主党の逢坂誠二政調会長が、10兆円の予備費について「政府に白紙委任していいのか」と指摘した。

 共産党の志位和夫委員長も28日の記者会…

この記事は有料記事です。

残り204文字(全文364文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 香取慎吾、SNS上の誹謗中傷を捜査する刑事役「ドラマが持っている力」に期待

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 「入院拒めば罰則」の感染症法改正案 抑止力か人権侵害か

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです