メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

5月景気判断「急速な悪化」据え置き 先行き「極めて厳しい状況」 月例経済報告

月例経済報告等に関する関係閣僚会議に臨む安倍晋三首相(左)=首相官邸で2020年5月28日午後5時11分、竹内幹撮影

 政府は28日発表した5月の月例経済報告で、国内の景気判断を4月から据え置いて「新型コロナウイルス感染症の影響により、急速な悪化が続いており、極めて厳しい状況にある」と表現した。緊急事態宣言は全面解除されたが今後の感染状況は不確実性が高く、景気の先行きについても「当面、極めて厳しい状況が続くと見込まれる」と判断を維持した。

 現状の景気判断について、14項目のうち輸出、雇用情勢、設備投資の3項目を下方修正した。輸出は他国に先駆けて経済活動を再開した中国向けが増加に転じたが、厳しい外出制限が広がった欧米の需要が激減。表現を4月の「このところ減少」から「急速に減少」に2カ月連続で引き下げた。この表現を輸出で使うのは、比較可能な2001年以降初めてとなる。

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文755文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

  2. 結核集団感染、東大阪で発生 市が発表 /大阪

  3. 東京都、新たな感染者243人 過去最多を更新 新型コロナ

  4. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  5. 女子生徒にわいせつ行為、トイレに落書き「すけべやろう」 教諭ら懲戒処分 千葉県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです