特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

欧州委員会、7500億ユーロの復興基金新設を提案 加盟国調整、難航も

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ブリュッセルの欧州委員会本部ビル=八田浩輔撮影
ブリュッセルの欧州委員会本部ビル=八田浩輔撮影

 欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長は27日、新型コロナウイルスで打撃を受けた加盟国を支援するため、7500億ユーロ(約89兆円)の復興基金を設ける方針を加盟国と欧州議会に提案した。財源は欧州委員会が事実上の共同債を初めて発行して調達し、基金の3分の2は、返済義務のない加盟国への補助金とする。実現には全加盟国と欧州議会の承認が必要となる。支援の形や基金の規模を巡って加盟国の立場に相違は大きく、協議の難航は必至だ。

 提案によると、新たな基金はEUの2021~27年の次期中期予算に組み入れる。通常のEU予算は、加盟国の拠出金と域内共通の付加価値税などを財源に構成されるが、今回の上積み分は欧州委が債券を発行して市場から資金を調達する。基金のうち5000億ユーロは補助金とし、2500億ユーロは融資を想定する。すべての加盟国を支援の対象とするが、多くは被害が甚大なイタリアやスペインなどに配分するとみられる。加盟国が…

この記事は有料記事です。

残り560文字(全文974文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集