メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国で白人警官が黒人男性の首押さえ死亡 差別への抗議活動が過激化

 米中西部ミネソタ州ミネアポリスで25日、白人警官に首を押さえ付けられた黒人男性が死亡する事案があった。当時の映像がソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で拡散されて批判が高まり、黒人らの抗議行動が各地に拡大。AP通信によると、地元では店の略奪や放火が起き、男性1人が銃撃されて死亡した。西部カリフォルニア州ロサンゼルスでは一部の参加者がパトカーを襲撃するなど過激化した。米国内では最近、根強い黒人差別をうかがわせる事例が相次いで明らかになり、改めて社会問題化している。

 米メディアによると、死亡したのはジョージ・フロイドさん(46)。地元警察は、偽造紙幣が使われたとの通報を受け現場に駆け付けた警官が、抵抗したフロイドさんに手錠をかけたが、苦しんでいたため救急車を呼び、病院に搬送された後に死亡したと説明している。だが、目撃者が撮影した動画には、フロイドさんが白人警官から膝で首を地面に押し付けられる状態が数分間続き、「息ができない。プリーズ」などと何度も訴える様子が…

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文816文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 冷たい濁流に体力奪われ、姉らと抱き合い5時間…力尽く 熊本・芦北の酒井さん

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです