メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

感染者急増の北九州市長が危機感「このまま続くと大きな第2波」 5日連続計22人

新型コロナウイルスの感染確認が続き再び臨時休業した小倉城=北九州市小倉北区城内で2020年5月28日午前10時29分、成松秋穂撮影

 新型コロナウイルスの感染者が5日連続で計22人確認された北九州市の北橋健治市長は28日の定例記者会見で「新たな局面を迎えた。このまま続くと大きな第2波に襲われる」と危機感を強めた。福岡県を含む39県で緊急事態宣言が解除されてからこの日で2週間。市長は「解除で接触の機会が増えてしまったのではないか」と市民に感染防止対策の徹底を訴えた。市は同日から小倉城など43施設を再び臨時休館にした。

 市内では4月30日から23日連続で感染者がゼロだったが、5月23日以降、毎日感染が確認され、計22人のうち17人の感染経路が分かっていない。また、22人中12人が60~80代で、高齢者が目立っている。

この記事は有料記事です。

残り498文字(全文793文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国民民主、独自の編成替え動議提出 現役世代への10万円給付要求 野党協調にも配慮

  2. まるでエヴァ? 「緊急事態宣言、発出中」福岡県製作の動画が話題

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです