メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

「テラハ」打ち切りでは何も解決しない テレビ業界が取り組むのは今

番組打ち切りを発表した「テラスハウス」のホームページ。番組紹介として「台本のない男女6人の新たな青春の日々が始まります」の表示も残されている。

 人気女子プロレスラーの急死(今月23日)から4日たった27日夜、現在放送・配信中の「テラスハウス(テラハ)」打ち切りが発表された。だが、番組で何があったのか、問題があったとしたらそれは何だったのか。発表には「この度のことを重く受け止め、今後も真摯(しんし)に対応して参りたいと考えております」の一文しかない。

 『リアリティー「風」番組と匿名中傷の悲劇 女性レスラー急死の教訓』で挙げた、以前から言われていた「リアリティー番組」の作り方、そしてツイッターなどでの匿名アカウントによる誹謗(ひぼう)中傷という二つの問題は、22歳の女性の死がきっかけというのは実に悲しいことだけれども、このまま放置できないという動きがようやく出てきた。

この記事は有料記事です。

残り1006文字(全文1322文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

  3. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです