八千草薫さんが愛した自宅庭の石のベンチ 千葉・長南町「森の墓苑」に寄贈

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
森の墓苑のイベントであいさつする八千草薫さん=2019年5月26日、金沢衛撮影
森の墓苑のイベントであいさつする八千草薫さん=2019年5月26日、金沢衛撮影

 千葉県長南町市野々にある自然再生墓地「森の墓苑」に、2019年10月に88歳で亡くなった女優の八千草薫さんが自宅の庭で愛用していた石のベンチが寄贈された。八千草さんが墓苑を運営する公益財団法人「日本生態系協会」を長年支えてきた縁で、八千草さんの自然保護への思いを知ってもらおうと公開された。

 八千草さんは00年に同協会の理事となり、実際の運営に参加し、活動を支援してきた。山登りを愛し、自然保護に積極的に取り組んできた八千草さんは10年、東京都内の自宅の庭に同協会の協力で自然の水辺を再現したビ…

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文620文字)

あわせて読みたい

注目の特集