メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大分・鶴見岳でミヤマキリシマが見ごろ 山頂鮮やかなピンクに ロープウェイも再開

見ごろを迎えた鶴見岳山頂付近のミヤマキリシマ。後方は由布岳=大分県別府市で2020年5月27日午前11時39分、田鍋公也撮影

 全国有数の温泉地、大分県別府市の町並みを一望できる鶴見岳(標高1375メートル)でミヤマキリシマが見ごろを迎え、山頂付近をピンクに染めている。例年は見物客でにぎわう時期だが、今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響が続き、人影がまばらな山頂をそっと彩っている。

 ミヤマキリシマはツツジの一種で九州各地…

この記事は有料記事です。

残り148文字(全文298文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  2. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

  5. 冷たい濁流に体力奪われ、姉らと抱き合い5時間…力尽く 熊本・芦北の酒井さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです