特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「蔵の街」栃木の遊覧船、6月から運航再開 人数など制限、船頭唄も録音で

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
幸来橋の下に係留されている遊覧船。来月1日に運航を再開する=栃木市で2020年5月27日午後1時35分、太田穣撮影
幸来橋の下に係留されている遊覧船。来月1日に運航を再開する=栃木市で2020年5月27日午後1時35分、太田穣撮影

 栃木市は27日、新型コロナウイルスの影響で3月から休止している巴波(うずま)川の観光遊覧船の運航を6月1日に再開すると発表した。運営しているNPO法人「蔵の街遊覧船」の船頭マネジャー、中村明雄さん(62)は「船頭一同心待ちにしていた。運航本数を絞っての再開となるが、始めることが今は大切」と話している。【太田穣】

 遊覧船は、舟運で栄えた歴史を観光に生かそうと2005年に始まった。回船問屋の蔵や黒い板塀など小江戸情緒が残る幸来橋、瀬戸河原堰(せき)間を約20分かけて上り下りし、例年約4万人を乗せているという。

この記事は有料記事です。

残り436文字(全文692文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集