メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪府、6月1日から休業要請を全面解除 経済活動が本格再開へ

記者会見で全ての施設への休業要請解除を説明する大阪府の吉村洋文知事(右奥)=大阪市中央区で2020年5月28日午後5時3分、木葉健二撮影

 大阪府は28日に開いた新型コロナウイルスの対策本部会議で、カラオケ店やスポーツジムなど過去にクラスター(感染者集団)が起きた業種に続けていた休業要請の解除を正式決定した。業界団体や府が独自に策定した感染防止策の指針の順守などが条件で、6月1日午前0時から適用する。4月中旬に始まった改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく要請は全面解除されることになる。

 京都府と兵庫県も6月1日の全面解除を決めており、関西経済をけん引する3府県で経済活動が本格的に再開される。感染拡大の「第2波」も懸念されるが、吉村洋文知事は会議後の記者会見で、「二度三度と同じ波がきた時に休業要請をする必要があるのか冷静に分析しないと、府民の生活が持たない」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り1000文字(全文1324文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ショーン・コネリーさん死去 90歳 「007」のボンド役 BBC報じる

  2. 余録 映画「007」シリーズの第2作、「ロシアより愛をこめて」は…

  3. ボンドのスタイル決定づけ 深みと陰影の演技派に脱皮 ショーン・コネリーさん死去

  4. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  5. 野村克也さんが死去 84歳 戦後初の3冠王、ID野球で3度日本一

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです