メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナ禍のJリーグ

コロナ中断でJリーガーを待ち受ける過密日程 疲労との戦い、故障リスクも

2015年のJ1チャンピオンシップ決勝第1戦で広島に敗れたガ大阪の選手たち。15年度にチームは60試合を戦った=宮武祐希撮影

 新型コロナウイルスの影響でJリーグはシーズンオフより長い約4カ月間も公式戦が中断し、今後は選手たちを過密日程が待ち受ける。試合は中2~3日で続くことが想定され、肉体的負担は例年より大きくなる。

 過去にも多くのクラブが過密日程に悲鳴を上げてきた。14クラブがリーグ戦だけで年間各52試合を戦った1995年はヤマザキナビスコ・カップが行われず、2009年はJ2が年間51試合もあった。

 近年では、J1鹿島が18年度に60試合を戦った。アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)を制し、YBCルヴァン・カップと天皇杯全日本選手権は4強入り。8~10月は22試合をこなした。J1ガ大阪も15年度に年間60試合を経験。ACLによる長距離遠征などで選手の疲労はピークに達し、当時の長谷川健太監督(現FC東京監督)は「休みは月2日。メンバーも大きく変えようがない」と苦しい胸中を明かしていた。

この記事は有料記事です。

残り617文字(全文1005文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  2. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  3. 「#FreeAgnes」 日本からも周庭氏逮捕への抗議続々

  4. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  5. ORICON NEWS 舞台『アクタージュ act-age ~銀河鉄道の夜~』上演中止を発表 ヒロイン役オーディションも取り止め

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです