メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

池上彰さんと語る感染症 ジャーナリスト・増田ユリヤさん

池上彰さん

 新型コロナウイルスは現代に生きる人たちの営みを停滞させている。これまでも世界は度重なる感染症の恐怖に脅かされ、社会は変容を余儀なくされてきた。「感染症対人類の世界史」(ポプラ新書)の共著者で共にジャーナリストの池上彰さん(69)と増田ユリヤさん(55)に、人間はどう感染症と向き合ってきたのかを聞いた。

 ――ノーベル文学賞作家、アルベール・カミュの小説「ペスト」(1947年)が増刷され、ベストセラーになりました。小説から過去の感染症を学びたいと考える人が多いようです。

 池上 この小説が翻訳された当時は遠い国の架空の物語と受け止められましたが、現在では「明日は我が身」と考えているのでしょう。人類の歴史は、感染症との闘いの繰り返し。新型コロナの世界的流行で閉塞(へいそく)感が広がり、昔はどう対応していたのか知りたいのだと思います。

 ――増田さんは私立高校の社会科講師として歴史を教えていた経験があるそうですね。

 増田 はい。世界の歴史では、疫病が社会を変えたことが何度もありました。例えば14世紀に欧州でペストが大流行し、農奴制が変化しました。農民の人口が減って賃金や立場が上がり、それまでの序列や階層が崩れたのです。キリスト教を信じていてもペストには打ち勝てないという現実に直面し、宗教改革の動きにもつながりました。

 池上 戦争を感染症と重ね合わせると…

この記事は有料記事です。

残り2799文字(全文3379文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  2. 池袋母子死亡事故 現場近くに慰霊碑、除幕式 松永さん「事故のない社会に」

  3. 山本太郎の現在地 (下)「世の中、見えてんのか?」 消費税5%、強気崩さないワケ

  4. 香港だけの問題じゃない 「国安法」で日本の表現の自由も脅かされる

  5. 地村保さん死去 93歳 拉致被害者・保志さんの父

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです