特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ 北九州「第2波の渦中」 感染拡大、市長危機感

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 6日連続で計43人の新型コロナウイルスの感染者が出ている北九州市の北橋健治市長は29日、「極めて深刻な第2波の渦中にあると言わざるを得ない」と感染拡大に危機感を一層強めた。市内2カ所の医療機関でクラスター(感染者集団)が発生したほか、43人のうち半数の21人は感染経路が分かっておらず、北橋市長は「この2週間が正念場」と強調して改めて感染拡大防止への協力を求めた。

 北九州市では4月30日から感染者ゼロだったが、5月23日を皮切りに、28日までで計43人の感染者が確認された。28日は、クラスターが発生したとみられる門司メディカルセンター(門司区)の9人と北九州総合病院(小倉北区)の2人のほか、小中学生らも含めて1日としては最多の21人の感染を確認した。【井上卓也】

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文561文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集