メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

続・西谷流地球の歩き方

ブームにちゃっかり「愛」の靴

露店で売られていたスポーツシューズ

 今年2月、イラク北部のスレイマニア市に入って、「紛争地の今」を取材した。到着した日は金曜日でアラブの休日。午前中にモスクでお祈りし、午後は家族そろってショッピングというのがイスラム圏の休日スタイルだ。

 まだ新型コロナウイルスが上陸する前だったので、下町の商店街は人でごった返していた。その混雑ぶりは半端ない。梅田と難波の人出を合わせて、それを3倍にしたくらい。1時間も歩くとドッと疲れる。

 人々がカフェで飲んでいるのはシャーイ。小ぶりのグラスに熱い紅茶を注ぎ、スプーン3、4杯の砂糖を入れて、かき混ぜて飲む。次々と飲み干されていくグラスの底には、溶けきらなかった砂糖がベッタリ。酒が飲めない社会では、甘い飲み物が流行するのだ(これは個人的見解です)。

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文631文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

  3. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです