メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

沖縄戦 慰霊の日

戦没者の名前が刻まれた「平和の礎」の前で、手を合わせて冥福を祈る遺族=沖縄県糸満市摩文仁の平和祈念公園で2016年6月23日午前7時59分、野田武撮影

 あと3日で6月。2014年から4年間、那覇支局に勤務した私には、6月は特別な月だ。太平洋戦争末期の沖縄戦。沖縄守備軍司令官の自決によって組織的戦闘が終結した6月23日は戦没者を悼む「慰霊の日」。その日に合わせて展開する記事の取材は6月に山場に入る。当日は早朝から、激戦地、沖縄本島南部に向かう。

 戦没者の名が刻まれた「平和の礎(いしじ)」に泡盛をかけて手を合わせる女性。ガマ(…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文474文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉で新たに31人感染確認 新型コロナ

  2. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  3. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  4. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  5. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです