メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の宝物

女優・香川京子さん イタリアの「少年の肖像」複製画 ベネチア映画祭の思い出

 香川京子さんの二つ目の宝物は、ルネサンス期のイタリアの画家ペルジーノの作品「少年の肖像」の複製画だ。

 「初めてイタリアに行ったとき、美術館で見たこの絵があまりにきれいなので、ミュージアムショップで買いました。清らかで汚れのない感じが大好きなんです」

 1954年のことだ。8月末から9月にかけて開かれた第15回ベネチア国際映画祭に、溝口健二監督「山椒大夫」が出品され、安寿役で出演した香川さんは関係者と共に映画祭に参加した。

 初の海外旅行だった。別の映画でベネチアを訪れていた八千草薫さんや寿美花代さんと一緒に、着物で街を歩くと、サイン攻めにあった。「ちょうど『旅情』の撮影中だったキャサリン・ヘプバーンさんを夜間ロケの現場に訪ねたり、グロリア・スワンソンさんと一緒にゴンドラに乗ったりしたのも、楽しい思い出です」

この記事は有料記事です。

残り516文字(全文873文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「エビ中」安本彩花さん、悪性リンパ腫治療で当面の間休養

  2. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  3. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  4. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  5. 特集ワイド 学術会議問題◀◀井筒監督 若者よ、立ち上がれ キナ臭いよな 権力むき出しの暴力

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです