メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 困窮者支援、工夫凝らし 食料提供など 活動広がる 手作りフェースガードも /東京

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、厳しい状況に置かれた人々への民間の支援が広がりつつある。当初、支援活動の中で感染が広がる恐れもあり、活動も自粛の傾向だった。だが、緊急事態宣言解除後も「第2波」や経済状況の悪化に備えようと、支援者たちはさまざまな工夫で感染リスクを低減させて活動に取り組んでいる。【成田有佳】

 5月下旬、神奈川県厚木市とNPO法人「Heart34」による学生対象の食料提供事業が行われた。フェースガードを付けたスタッフが、食料を受け取りに会場へ訪れた学生に「学生証をお願いします」と声をかけ、確認作業を進める。

この記事は有料記事です。

残り564文字(全文828文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

  2. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  3. 光秀の先祖? 「明智」姓が記された鎌倉時代の古文書発見 岐阜・多治見

  4. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

  5. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです